歯周病治療_back

歯周病は、一定期間で治すことができます。
歯周病は、感染症のひとつです。お口の中に歯周病菌が住み着いてしまっている状態です。これを根本的に治療するには、感染した菌の増殖を抑えることが必要です。ですので、腫れてしまった歯茎を薬で鎮静化させたり、歯の表面を掃除するだけは、根本的な解決にはなりません。必ず再発し、治療が長期化してしまいます。

薬に頼らない歯周病対策

薬に頼らない歯周病対策

お口の中の歯周病菌を減らしていくために、一般的な方法として抗生剤を服用するという方法があります。確かに薬で菌の活動を抑えることはできるのですが、抗生剤の使用は耐性菌の出現により効果が低下していきますし、妊婦の方などは服用できないという問題点があります。
そこでは当院は、内服薬に頼らない歯周病菌対策、ぺリオウェイブを用いて治療を行います。ぺリオウェイブとは、簡単に説明すると光で菌を殺菌する方法です。薬を服用する必要がない、体に負担のない歯周病治療の方法です。

当院の歯周病治療

歯周病とは、「歯周病菌」に感染し、歯肉が腫れたり、出血したり、最悪の場合歯が抜けてしまう疾患のことです。


日本の成人の約80%以上の人が、歯周病にかかっているといわれ、最近では小中学生の間でも増えています。
自覚症状のないまま歯周病にかかっている方が大変多く、心臓・循環器疾患や糖尿病といった他の生活習慣病に深く関わっていることも明らかになってきました。そのようなことから、歯周病の正しい知識を持つことが必要です。

歯周病は感染症のため、日々のブラッシングや歯科医院での治療により菌を除去し、お口の中を衛生的に保つことで改善できます。
現在、一般的に行われている歯科治療は、腫れてしまった歯ぐきを薬で鎮静化させたり、歯の表面を掃除することが多く、根本的な解決に結びついていません。そのため再発し、治療が長期化してしまいがちです。
当院では、根本的原因から処置する、最先端歯周病PDT治療「ぺリオウェイブ」という最新の歯周病治療を提供しています。

最先端の歯周病医療治療「ぺリオウェイブ」

最先端の歯周病医療治療「ぺリオウェイブ」

PTD (photo dynamic therapy)療法とは光線力学的療法と呼ばれ、患部にレーザーを当てて細菌を破壊する療法になります。歯科ではまだ新しい治療法ですが、20年以上も前から癌・皮膚・眼科などで幅広く使用されている医学的療法です。

歯科では歯周病の治療として、ペリオウェイブという手法が用いられ、歯周病の原因となる細菌を破壊するとして注目を浴びています。

従来の治療法とペリオウェイブの違い

口腔衛生指導、歯垢を取り除くなどの局部的治療、抗生物質の処方、重度の場合の外科的治療などが行われてきました。
それぞれに効果はありましたが、しかし歯周病の原因となる細菌を完全に排除することは難しいものでした。
また、抗生物質は妊娠中の方は使用ができず、繰り返しの処方は、薬に対する耐性を生むため有効性を減少させていました。

一方、ぺリオウェイブは光で菌を殺菌する方法ですので、抗生物質などの薬を服用する必要がなく、体に負担のない新しい歯周病治療の方法です。
その特徴には、「薬を飲まないので、副作用の心配がない」「繰り返し処置できる」「低熱のレーザー光治療のため、治療に伴う痛みがない」といった利点が挙げられます。

ただし、自費診療となります。
¥2,160円~となります。お気軽にご相談ください。

ぺリオウェイブ治療の流れ

歯周ポケットに専用のバイオジェルを注入

歯周病菌が赤く染まります。そこに無熱レーザーを1分間照射

死滅した菌を洗浄

1回~3回の処置で改善します。改善後も予防のために3~4ヶ月の受診をおすすめします。
※治療回数は、個人差があります。

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ 初診

「歯周病かもしれない」とお悩みの方、「歯ぐきが腫れている」「歯みがきをすると血が出る…」など気になることをじっくりとおうかがいし、丁寧に説明させていただきます。

治療を開始するときには、正確にお口の中の状態を確認することが大切です 細菌検査+口腔内検査

治療を開始するときには、正確にお口の中の状態を確認することが大切です。

当院では治療で来院された患者様には、「細菌カウンター」を使用し、お口の中の細菌数のチェックを無料で実施させていただいております 口腔内の確認

口腔内写真撮影、エックス線検査、歯周ポケット検査、必要に応じて噛み合わせ検査(模型の型どり)などを行い、口腔内の状態も把握します。

検査結果を元に、患者様のお口の中の状況を丁寧に詳しく説明します カウンセリング

検査結果を元に、患者様のお口の中の状況を丁寧に詳しく説明します。その後、患者様と治療の方針や具体的な方法をしっかりご相談しながら、治療方法を決定いたします。

「歯みがき指導」「歯の表面の歯石除去」「歯周ポケット内の歯石除去」を行います 歯周初期治療

「歯みがき指導」「歯の表面の歯石除去」「歯周ポケット内の歯石除去」を行います。

治療効果が出たことを確認し、今後について患者様に治療方針とその内容を説明します 初期治療の効果の確認

治療効果が出たことを確認し、今後について患者様に治療方針とその内容を説明します。

重い歯周病や、どうしても症状が改善しないような場合、患者様の同意の上で外科手術を行います 歯周外科

重い歯周病や、どうしても症状が改善しないような場合、患者様の同意の上で外科手術を行います。
外科治療時には麻酔を行い、痛みも抑えられ、60分程度で終了します。
※終了時間は、病状などにより個人差があります。

歯周組織再生療法(エムドゲイン)

歯周病で歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまうと、歯がグラグラ動き、最終的には抜けてしまうことがあります。しかし、今や歯周組織を再生する療法も開発されています。エムドゲインという治療材料を使って、失われた骨を再生させることが可能になりました。
これはスウェーデンで開発され、世界中の40カ国以上で使用されている画期的な療法です。
骨を再生させるには、患部を切開し、エムドゲインを塗布し縫合します。本来生体が備えている骨の再生能力を発揮させる療法といえます。

治療が完了し、メンテナンス前に効果の確認をいたします 治療の効果の確認

治療が完了し、メンテナンス前に効果の確認をいたします。

治療後のケアが大切です メンテナンス

治療後のケアが大切です。
治療が完了しても健康なお口の状態を保つためには、3カ月に一度、来院していただきメインテナンスをうけることが大事になります。
歯周病治療では、細菌を増やさないことがポイントであり、歯をしっかり掃除して衛生的な状態にすることが必要です。そのためには、予防歯科医療の施術が大切になります。

PMTC

歯科医院で行なう歯面クリーニングのことです。
専用の機器とフッ化物入りの研磨剤を用い、日常の歯みがきでは落としきれない歯石や、磨き残したプラークを中心に、すべての歯面を徹底的に清掃研磨します。それにより、むし歯や歯周病になりにくいお口の環境を整えます。

※メインテナンスのときに、必要に応じてPMTCやぺリオウェイブの処置をする場合もあります。

セレオ八王子歯科クリニック
アクセス



■住所
〒192-0083
東京都八王子市旭町1−1
セレオ八王子北館10F

■最寄駅
・JR八王子駅
・京王線八王子駅

詳しくはこちら